メタバリアS 飲み方

メタバリアSの効果を実感するには飲み方が重要|飲み方に関する注意点

 

食べたものが体につきやすくなった、健康診断で数値を指摘された、体重が落ちにくい、こんな悩みを抱えていませんか。

 


 

その原因は知らずにたくさんの糖質を摂っていることかもしれません。

 

普段食べているものに含まれる糖質を角砂糖で換算すると、パスタは角砂糖17.9個、カレーライスは角砂糖32個分にもなります。

 

 

 

糖質の摂取を極端に控えると体調不良の原因に

 

 

 

だからといって糖質の摂取を極端に控えると体調不良の原因になります。

 

そこで、糖質を摂りながらも上手に糖の吸収を抑えることが大切になります。

 

糖の吸収を抑えてくれる機能性表示食品が「メタバリアS」です。

 

メタバリアSには、糖の吸収を抑えたり、お腹の中のビフィズス菌を増やして腸内環境を整えるサラシア由来サラシノールが配合されています。

 

 

 

成分の力を実感するために、メタバリアSの飲み方に注意

 

 

 

この成分の力を実感するためには、メタバリアSの飲み方に注意点があります。

 

基本的な飲み方ですが、どのようなサプリメントでも水またはぬるま湯と一緒に飲みます。

 

 

 

コーヒー、緑茶、ジュースなどと一緒に摂取をすると、飲み物に含まれている成分とサプリメントの成分が反応してしまい、サプリメントの力が十分に発揮されなくなってしまう可能性があります。

 

また、ジュースと一緒の飲み方をすると糖分やカロリーの摂りすぎにつながり、肥満を招く要因となります。

 

 

 

メタバリアSに配合されているサラシア由来サラシノール

 

 

 

食べものに含まれる糖は、消化酵素によってブドウ糖にまで分解されてから小腸で吸収されます。

 

メタバリアSに配合されているサラシア由来サラシノールは、糖の分解をする酵素の働きを抑えて、小腸で糖が吸収されにくいように働きます。

 

それにより、食後の血糖値上昇が抑制されます。

 

 

 

このような働きをしてもらうためには、食事と一緒の飲み方をする必要があります。

 

血糖値上昇を見る臨床試験では、サラシアを食事の前に摂取してもらっています。

 

食事の前に摂取をすることで、食事30分後の血糖値上昇がサラシアを摂取しないと気よりも抑制されることが確認されています。

 

食後血糖値を抑えるためには食事の前に摂取をしましょう。

 

 

 

メタバリアSの飲み方はこれだ

 

効果を実感するには飲み方が重要|飲み方に関する注意点

 

摂取目安量は1日8粒です。2~4粒を1日3ほどに分けて摂取をします。

 

いつ飲むのがベストかというと、1日3回食事をしている方が多いと思うので、その場合は食前30分前のタイミングで1回に2~3粒ほどを飲むとよいでしょう。

 

または、飲み会や女子会などたくさん食べる前に飲んでおくこともおすすめです。

 

 

 

メタバリアSはたくさん飲むほど効果が高まるものではありません。

 

1日に多量に摂るような飲み方をしていると過剰摂取による害が心配されるので、1日の摂取量を守って飲みましょう。

 

 

page top