メタバリアS カロリミット

メタバリアSとカロリミットを比較|併用は大丈夫?

 

食べたものが体につきやすい、体重が落ちにくい、食べることが大好き、このような方をサポートするサプリメントが「メタバリアS」と「カロリミット」です。

 

どちらも糖の吸収を抑えるような働きをするサプリメントなので、どちらを選ぼうか迷っている方もいるのではないでしょうか。

 


 

 

また、メタバリアSとカロリミットの併用を考えている方もいると思います。

 

そこで、メタバリアSとカロリミットの比較をしてみました。

 

比較をすることでそれぞれのメリットがわかります。

 

 

 

メタバリアS

 

 

 

メタバリアSはサラシア由来サラシノールを配合した機能性表示食品です。

 

食事で摂取した糖は酵素の力で分解されて小腸で吸収されます。

 

 

 

サラシア由来サラシノールには、糖を分解する酵素の働きを抑えて糖の吸収を抑制します。

 

このことにより、食後の血糖値上昇が抑制されます。

 

 

 

吸収されなかった糖は大腸に届き、大腸に棲みつく善玉菌のエサになって腸内環境を整えます。

 

メタバリアSはヒト試験で食事30分後の血糖値上昇を抑えることや、摂取することで摂取前よりも腸内のビフィズス菌を増やすことが確認されています。

 

 

 

カロリミット

 

 

 

カロリミットは糖と脂肪が気になる方をサポートするサプリメントです。

 

糖と脂肪をサポートする成分として、イモノシュガー、ギムネマ酸、アピガロカテキンガレート、キトサン、ファセオラミンを配合しています。

 

ヒト試験では食後の血糖値上昇を抑えることや、食後の血中中性脂肪の上昇を抑えることが確認されています。

 

 

 

メタバリアSとカロリミットを比較して違う点

 

 

 

メタバリアSとカロリミットを比較して違う点は2つあります。

 

1つめは配合している成分の数です。

 

食事をサポートする成分としてメタバリアSは1種類、カロリミットは5種類の成分を配合しています。

 

 

 

比較して違うもう一つの点は糖に働きかけるのか脂肪に働きかけるのかです。

 

・メタバリアSは糖に働きかけます。
・カロリミットは糖と脂肪に働きかけます。

 

 

 

メタバリアSとカロリミットは併用はしないほうがよい

 

 

 

この2つのサプリメントを比較した場合、どちらも似たような働きを持っているので併用はしない方がよいでしょう。

 

同じような働きの成分を併用してしまうと、血糖値が下がりすぎてしまう心配があります。

 

 

 

サプリメントなので併用は問題ないと考えられますが、過剰摂取はどのような影響があるのかわからないので併用は避けましょう。

 

食事の糖が気になる場合はメタバリアS、食事の脂肪も気になる場合はカロリミットというように使い分けたり、どちらも試してみて自分に合っているものを続けてみるとよいでしょう。

 

 

page top